税務調査は必ずやってくる

こんにちは

SHOW!です

今日も暑いですね

 

朝、犬の散布に行ったのですが愛犬のロビンはこの猛暑の中

飛び跳ねてました

毛皮を身にまとったロビンは熱くないのだろうか?

昨日「セドリ税金対策&確定申告セミナー」に行ってきました

先生はイケメンの田口 伸也さん

http://www.i-s-company.com/

YouTubeにUPされた映像もありとても勉強になります

昨日のセミナーに関しては特にセドリに特化した内容ではありませんでしたが

とても勉強になりました

 

 

~フリーランス(個人事業主)の場合~

事業から生じた所得が年間38万円を超える場合に確定申告をする必要があります。

*ここで間違えやすいのは所得(利益)という事です

 

セミナー業を行い年間300万円の売り上げがありました

セミナーでの経費(部屋代、テキスト代、アシスタント給料等)に260万円使いました

売上(¥300万円) + 経費(¥260万円) = 所得(¥40万円)

確定申告必要となります

 

~副業の場合~

年間20万円を超える所得がある場合は必ず確定申告の義務が発生します

所得に関しての考え方は個人事業主と同じです

 

例えばセドリで年間100万円の売り上げがありました

セドリでの売るための商品の仕入れに88万円使いました

売上(¥100万円) + 仕入れ(¥82万円) = 所得(¥18万円)

確定申告の必要なしとなります

 

この義務を怠ると金額の大小にかかわらず必税務調査はやって来るそうです

 

ここでセミナーならではの裏話がありました

通常税務調査は事前にアポ(いついつに行きます)があるそうです

しかし悪質とみなされたり隠ぺいの可能性がある間合いなどは突然

「ピンポ~ン」

とやって来るそうです

その場合は調査官に強制の義務はないらしく断ることができるのです

ここでビビり「どうぞ」・・・

なんて入れてしまうとやめてくださいとは言えないので

家の敷居を跨がせる前に

「アポは連絡いただけましたか?」

と尋ね、突然の訪問の場合は

「アポをとってからお願いします」

と拒否ができるそうです

 

横柄な態度をすると税務署に拘束されるそうです

なのでもし突然

「ピンポ~ン」

と、やってきたら一旦丁重に帰ってもらいきちんと書類の整理する時間を作りましょう

隠ぺいはだめですよ!

そして税のことはやはりプロに任せることを言ってました

セールストークの様に聞こえますが合法的に税金を対策するには

その方が良いと自分も通関しました

また税理士もピンからキリまでいるので自分の仕事にあった税理士さんに

相談した方がいいと思います

自分は来年から田口先生にお願いするつもりです

別にセールスではないので・・・

バックマージンも発生しませんので(笑

勘違いしないでくださいね

しかし熱い

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ