行動心理学を学んでみよう!

ども

SHOW!です

自分の魅力を引き出すには何が必要なのか?

また人の心を掴むにはどうすれば良いのだろうか?

 

そんな思いを抱えている時

Disc理論の講座に誘われた

 

Disc理論は世界84か国語に翻訳され

4500万人が受講している最も信頼性のある

行動心理学キットなのです

 

感想から言うと・・・・

当たります(笑

 

会場には60名程いましたが殆どの方が

診断結果に納得していましたね

 

まず、どの自分を診断するか選びます

素の自分なのか?

職場での自分なのか?

家庭での自分か?

人間なので場面、場面で感情を使い分けている為です

自分の場合素の自分が知りたく

環境設定をプライベートで設定でいざ開始

 

Disc理論の

D=dominance(主導)

i=influence(感化)

S=steadiness(安定)

C=cautious(慎重)

この4パターンに振り分けられる

 

自分の場合は典型的なDタイプでした

簡単に傾向を書いておきます

 

Dタイプ

行動、ペースが早い

結果主義者

頑固

常にチャレンジ

 

iタイプ

常に笑顔

楽天的

おしゃべり、うるさい

誰にでも印象が良い

 

Sタイプ

忍耐がある

安定を求める

優柔不断

コツコツタイプ

 

Cタイプ

クオリティー重視

研究、分析好き

出来る事より出来ない事に目が行く

完全主義者

 

DISC

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の短所、長所を知る事で他の方の傾向も見えて来る

得に対立するSタイプとは性格が非対称となり

ぶつかる事が多くなるのです

 

しかし考え方を変えると自分持っていない部分を

Sタイプは持っているので手を組む事で

最高のビジネスパートナーになれるのだ

 

格タイプの行動傾向を頭の中に叩きむ事で

その人の悩みや欠点を上手く導いて上げれれば

大きな成長になると思う

 

人間の脳は48時間で80%の事を忘れてしまうらしい

有意義セミナー内容を忘れないように

丸二日かけて格タイプごとの行動傾向を

まとめ上げた

 

最後に環境設定を職場に変え行動傾向を見てみた

すると、あらビックリ!!

なんとDとCが入れ変わってしまった

 

普段意識してない領域では結果重視のイケイケですが

職場では意外とミスをしないように気を遣い

クオリティーを高める努力をしている事が分かりました

 

アナログなテキストですが内在する行動を

正確に捉える結果に驚きでした

 

明日からは会社の仲間で実践してみたいと思います

 

  最後まで読んでいただきありがとうございます  

今後もSHOW!のブログの応援宜しくお願いします  

皆さまの応援が励みになります  

ポチっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

にほんブログ村


フリーエージェント ブログランキングへ    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ