死を意識して初めて見える景色がある

ども

SHOW!です

 

死を意識すると

自分にとって大切な物

本当に大切な事

愛する事とか

生きている事がくっきり見えてくる

 

普段何気に生きていると

分らない事が見えてくる

 

川島なお美さんが2014年11月17日

徹子の部屋で発した言葉でした

 

この時、彼女は自分の死期を

知っていたのだろうか?

 

人は皆、幸せを求め必死に生きている

家族や恋人との時間だったり

社会的地位の確率だったり

お金だったりと・・・

 

最近まで自分もそうでした

 

家族を路頭に迷わせないように一生懸命働き

金銭的な負担をかけないように

副業も始めました

 

若いうちに蓄えを残しドロップアウトするという

目標に向かい突っ走ってきました

 

食事が終われば部屋にこもり

株の検証に明け暮れる

 

休みはセミナーに出かける日々が続きました

 

家族との時間をゆっくり過ごす為に始めた

副業でしたが、いつのまにか家族の犠牲をして

お金を稼いでいました

 

その甲斐もあり、ある程度資金も貯まり

第二の人生も目の前にきました

 

ふと鏡を見ると髪の毛に白髪が混じる

自分がそこにいた

 

ああ歳を食ったな・・・と痛感する

 

今の生活は満足なのか?

家族は幸せを感じているだろうか?

 

そんな思いの中、追悼番組での

川島さんの言葉に胸を撃たれた

 

そして、乳がんに侵された女性の話を思いだした

彼女は26歳

生活の基盤も整い、これから子供を作り

幸せな生活を送るはずだった

 

そんな中、乳がんが見つかったのだ

 

癌細胞を摘出し、えぐり取られた胸を見た時

どんなにショックだっただろう

 

自分には計り知れない体験だ

 

術後は転移をしていないか定期検診を受ける

毎回、健診結果を聞きに行くのが

怖かったと語っていた

 

何故私がこんなつらい思いを

しなければならないのか?

 

私、なんか悪い事した?

 

本気で彼女は神を恨んだ

 

体だけでなく心にも大きな傷を

負ってしまったのだ

 

そんな日々の中

彼女は病気になって良かったと話した

 

もしもあのまま病気になっていなければ

些細な事で旦那と喧嘩していた

仕事の愚痴ばかり話していた

明日は必ず来ると信じていた

 

 

でも今は違う

空気の清々しさを感じる

今日晴れて良かったと本気で思える

今日ご飯が食べれる

旦那とデートが出来る

こんな些細な事が本当に幸せに感じる

 

誰が聞いても当たり前な事が

彼女には特別な事なのだ

 

多分彼女も自分の死期を悟っているのだろう

 

明日が来ないという事実と向き合っているのだ

 

この話を聞いたとき思った

当たり前の事が当たり前ではないのだ

 

社会的地位やお金も大事だと思う

しかし死を宣告された時

お金も地位も助けてはくれないのだ

 

今、生きている事に感謝をし体験する

家族との会話

元気に働けている事

些細な事で喧嘩出来る事

日々の疲れで体が悲鳴を上げている事

全ての体験が幸せに感じる

 

今まではイライラする事さえも体験できることに

感謝出来るようになる

 

病になれば体験できないのだから・・・・

 

この事を意識する事で心が豊かになり

日々の暮らしの中で幸せを体験できると思う

 

心の豊かな人の周りには同じく

心の豊かな人が集まった行くのだ

 

3c3589ca82b89f97b1f3d253dbbed9be_s

 

 

 

 

 

 

川島なお美さんのご冥福をお祈り申し上げます

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

今後もSHOW!のブログの応援宜しくお願いします  

皆さまの応援が励みになります

  ポチっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

にほんブログ村


フリーエージェント ブログランキングへ    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ